2021-04

新型コロナウイルス感染症に関する弊社の対応について

4月 07, 2021 | INFORMATION, NEWS 
210407_1
【全社員PCR検査実施済のお知らせ】
当社では新年度新入社員が入社したタイミングで、全社員に「コロナウィルス抗原検査」を実施しました。
結果は全員「陰性」でした。
210407_2
 
次回はゴールデンウィーク休暇明けに、全社員2回目のPCR検査実施予定です。
医療機関とのお付き合いが多い当社では、可能な限りの感染症対策を実施して参ります。

 

朝日新聞に、当社の新入社員の記事が掲載されました!

4月 02, 2021 | INFORMATION, NEWS 

4月2日の朝日新聞千葉版に、当社の新社員 内藤さんの記事を掲載して頂きました。
新聞記者 真田香菜子さんの文章能力には脱帽です!

—————————————

「私が営業?不安はあるけど…」 筋ジス抱えた女性、新たな一歩

 

asahi_np210401

ジョイスティック車に試乗する内藤純子さん(右)と、見守る小野田直社長=2021年4月1日午前10時57分、千葉市若葉区、真田香菜子撮影

 

 「社会人1年生として、頑張ります」

 

 午前10時半、千葉市若葉区の自動車販売整備業「エーゼットファクトリー」の朝礼。新入社員の内藤純子さん(18)があいさつすると、温かい拍手で迎えられた。

 

asahi_np210401_2

【写真】朝礼であいさつする内藤純子さん

 

 内藤さんは難病の筋ジストロフィーで、長時間の歩行や重い物を持つのは苦手だが、会話に不便はない。買い物などの外出時には車いすを利用するが、今回、営業職として採用された。

 

 診断が出たのは小学校高学年。それでも「他の人と同じ生活をして、同じように働く大人になりたい」と考えてきた。高校は、工場を営み、働く父・大介さん(45)の姿に憧れ、工業高校の電子工業科に進んだ。

 

 高校3年で進路を考えている時、見つけたのが同社の整備士募集だった。車好きの父の影響もあり、自動車関連の職にひかれた。だが、「私にできるのは事務くらいだろうな」。ダメ元で事務職の求人を問い合わせると、「車いすの営業マンなら募集しています」。小野田直社長(58)から意外な回答が返ってきた。

 

 同社は、福祉車両の整備も手がける。取引先には福祉施設や障がい者も多く、「彼女は当事者。僕らが気付かないことにも気が配れ、さらに良いサービスができる」と考えたという。

 

 「私が営業? できるかな」。内藤さんは戸惑ったが、両親にも背中を押されて挑戦を決意。面接では受け答えがしっかりしていることなどが評価され、採用された。

 将来的には、一人で自動車を運転し、営業に回る予定だ。内藤さんのため、小野田社長は、改造費含め500万円を出し、全国に数十台しかない特別仕様の「ジョイスティック車」を用意。手で扱うレバー1本で、アクセルやブレーキ、カーブなどの操作が出来る。

 

 ただ、特殊な車を運転するための免許が必要だ。内藤さんは今後、教習所に通い、免許取得をめざす。

 

 営業の先輩・久我絢子さん(35)は、「内藤さんの目線で取引先を見てくれたら、提案の幅が広がる」。専務で整備士の秋田涼さん(32)は、「病気などで運転を諦めている子どもが彼女を見たら、希望がもてる」と期待する。

 

 この日、新たな一歩を踏み出した内藤さんは「不安はあるけど、お客様にしっかり商品の説明ができるよう、勉強していきたい」と決意を語った。

 

(真田香菜子)

 

新入社員の入社記念に、スタッフ勢ぞろい!

4月 01, 2021 | INFORMATION, NEWS 

210401

本日、当社にこの春高校を卒業した、ニューフェイス 内藤純子さんが入社しました!(写真前列・左)

入社初日から「朝日新聞千葉総局 記者 眞田香菜子」さんの取材を受けて緊張の連続!! 新年度に相応しい内容という事で、4月2日の朝刊千葉版に掲載されるそうです。
内藤さんには営業&IT部門を担当して頂きます。
希望に満ち溢れた18才これからの活躍が楽しみです。